カテゴリ: キャッシング会社の審査

キャッシング審査のポイント:属性

さてキャッシングを利用する場合、避けては通れないのが審査です。

審査については本当に様々な情報があり、実際の審査基準も企業によってや信用情報機関の保有状況によっても変わってきます。

このサイトをご覧になっている方の状況も様々だと思いますので、

基本的なところから説明させていただきます。

【属性による審査】

カードローン、クレジットカード、消費者金融、いずれもキャッシングを利用するには、申込書(インターネットであれば申込フォーム)にいろいろと自分の情報を記入します。

その中で、申込者の「年齢」や「収入」「職業」「家族構成」「住居」などを記入する項目があります。

これらの情報を「属性」といい、この属性を持って融資の判断をすることを「属性審査」といいます。

属性を確認することによってキャッシング会社はその申込者の様々なリスクの程度を把握できます。

ただし「属性」をどう判断するかは企業によって異なります。

【属性に対する判断は、キャッシング会社の種類や企業によって異なる】

例えば「年齢」が高い場合、一般的に若い人より「収入」は多いのが普通です。

クレジットカードの申し込みであれば、ステイタスが高いカード(ゴールドカードなど)で「年齢」が高いことがリスクになることは通常あまりありません。

しかしカードローンや消費者金融の場合、年齢が高いにもかかわらず、お金を借りないといけない状況に関してリスクと考える場合もあります。

しかし「収入」が高ければ年齢が高くても審査を通すことも考えられます。

逆に年齢が若すぎると、審査を通さないことも考えられます。

収入に対する不安がある、もしくは一般的には若い方は自分の生活の為だけにお金が必要であり、にもかかわらずお金を借りるということ自体がマイナス要素と捉えられる場合もあります。

しかし若すぎても勤続年数がそれなりにある、収入面が安心できる状況であれば審査は通るかもしれません。

これがクレジットカード会社となると、通常信用情報機関に金融事故情報がなければ、学生向けのカードなどはすんなり発行されます。

また「職業」で言えば、トラックの運転手さんなどは、勤務場所がはっきりしません。

消費者金融業者などは、所在を把握しづらいことはをリスクと捉えるかもしれません。

しかしクレジットカード会社はそのようなことは無いでしょう。

「家族構成」で言えば、親と同居していれば、家賃負担が無く、リスクが少ないと捉えるかもしれません。

そのほか「住居」でいうと持家が圧倒的に有利で、さらに住宅ローンの負担が無い場合、リスクは少ないと捉えるでしょう。

【クレジットカードは属性が大事】

このように、それぞれの属性は複合的に審査され、何か一つがダメなら絶対にダメという訳ではありませんが、

企業によっては、属性よって機械的にはじかれる可能性もあります。

中堅消費者金融は、よく言えばもう少し事情をくみ取って融資してくれる可能性もありますが、消費者金融の場合「融資シュミレーション」を設置してあるところが多いので、「属性」内容をいろいろ変えてみることによって、その企業の「属性」による審査基準が見えてこると思います。

基本的には企業側は利益のためには「お金を貸したい」「クレジットカードを発行したい」のです。
特にクレジットカードの場合は属性が重要視されます。

過去に金融事故がなければ、まず発行されます。

正社員でない方でも、学生、もしくは派遣や自営業でも審査が通るクレジットカードはたくさんあります。

特に流通系は審査が通りやすいです。

あと正社員でも勤務先があまりに小さかったり、勤続年数が短い場合は審査が通らない場合がありますので、職業、勤務先、年収の記述に注意して、審査が通るクレジットカードを選択しください。

今現在上記内容が気になる人は無理にステイタスが高そうなカードに申し込むべきではありません。

また最初からリボ払いなどの利用は申込まないほうが良いでしょう。

リボ払いを希望する場合、審査は厳しくなります。

カード利用の実績が出来てからリボ払いの利用を申し込みましょう。

 

 

 

次回はクレジットカードで審査が落ちるケースをもう少し掘り下げて説明します。

次の記事≫